■NYでの「同時多発テロ」から早くも14年が経ち、また、この日が来ました!

僕は仕事でNYに行った2日目に、この事件は起こりました(^_^;)

1日目は、マンハッタンを廻っていました。この時はWTCはツインタワーで健在でした。
wtc























■それが起きたのは2日目の朝、ちょうどホテルのエントランスで集合でした。

皆さん、大きなTVに見入っています。見てみるとWTCから煙が!火事?

いや、1機目がWTCに突っ込んだ後でした。で、ちょっとすると大音響と共に2機目が。

最初は何が起こったのか分からず、、、映画を見ている様で。。。。

その日は「コスモポリタン」の女性編集長とランチでしたが、皆さん全く不安で、

その時の話では、カダフィが仕掛けたテロで、まだ、5機位が飛んでいると!

生きた心地がしませんでした。何か、観客では無くエキストラになった緊張感です。
wtc15















■で、ペンタゴンにも航空機が突っ込み、ホワイトハウスを狙った飛行機は、、、、、、、
ピッツバーグでスクランブルで撃墜されたとCNNが報じていました。

何故か?後に、乗客がハイジャック犯を抑えて墜落させたと云う話に変わりましたが。。。。
img_1















■その日から、マンハッタンの取引き会社は全てお休みになり、それから3週間は、

飛行機も無く、マンハッタンから出る事ができませんでした。

現場まで歩いて行きましたが、1Km手前で立入り禁止になっていて入れませんでした。
623

















■今でも、このテロ事件は色々な謎があるようです!

「何でマンハッタンに簡単に航路を外れた航空機が簡単に入れたのか?」
とか、

「小型飛行機の教習しか受けてない犯人が、あんな低空でペンタゴンに何故突っ込めたのか?」

「何故、あんな綺麗にWTCは崩落したのか?消防士が地下の連続爆発音を聞いた。。」

「このテロ事件は「イラク戦争」の切っ掛けを作ったのではないか?(真珠湾攻撃の様に)」

他にも様々な謎があるようです!

しかし、ホテルの近くの消防署に亡くなった消防官の遺影が飾られていたのを

忘れられません。。。。。。

この事件だけは、生涯絶対に忘れられない事件です!