お盆なので、親父のお墓参りに母親と出掛けました。

家のお寺は茅ヶ崎なんで、横浜新道が空いていれば30分位です。

が、流石、お盆休みで横浜新道も、朝から渋滞で1時間位掛かりました。

家のお寺は、本堂を改築していたので完成して初めてのお盆です。
DSC_1553






















■親父が亡くなってから25年位経っているので、当時の法譽上人が亡くなり、
現在の住職は、当時、まだ幼稚園位の子供だったお孫さんです。
時の経つのは早いものです。自分も良い歳になっちゃいました(汗)
新しい本堂は立派です。京都の宮大工さんが建造してました。
家の檀家は、浄土宗です。法然上人ですね。

■十八面観音堂。何年か一度しか御開帳されません。
DSC_1555






















■本堂改築に伴い、鐘突き堂も山門左から右に移動しました。
こんなに大きな鐘と堂を移転するのは、さぞ大仕事だったでしょう!
DSC_1556






















■お墓参りをしてから、お盆の行事が新本堂で催されます。
DSC_1557






















■多くの檀家の方がみえています。
DSC_1564






















■本堂のご本尊です。
DSC_1573























■本堂の中は凄く綺麗で、荘厳な感じです。前の古い本道も立派で良かったのですが。
DSC_1562






















DSC_1570






















■黄金の美しいお釈迦様が。
DSC_1567






















DSC_1568






















■毎年、お盆は勿論、季節の行事は必ずお寺に行っていますが、

普段の好き勝手な生活の中で、節目節目にお寺に訪れて、

気持ちを正すのは、僕にとっては重要な事だと思ってます。

お彼岸以来の訪問でしたが、お盆で先祖を考える、親父を考えるって、

大事な事ですよね。気持ちがスッキリします。

他のお寺や神社巡りも合い通じる感じかもです。