■利休と秀吉の関係でお馴染みの『大徳寺』には、前から訪問したいと

 思っていたのですが、初めて今回、行きました。

 大徳寺は、秀吉が天下人になってから、あれだけ懇意にしていた

 千利休との茶を巡る作法について対立が深まり、何と三門(金毛閣)

 の上層部分を利休の支援で再建したのですが、その時、利休は自分

 の草履をはいた木造を三門の上層部に設置し、それを知った秀吉は

 「天下人が利休の下を通るのか!」と激怒し、利休に自決を迫った

 有名なお寺です。また、秀吉が山崎の戦いの後、貧乏寺で

 あった大徳寺に莫大な寄進をして強引に信長の葬儀をした

 お寺でも、有名ですよね。

■金毛閣の上層部分。ここに利休の木造が設置されていた。

 ここのお寺は殆ど閲覧拒否なんで中は見られません(泣)800px-Daitokuji-M1806

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

■三門(金毛閣)Daitokuji_Kyoto03ns4272

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

■このお寺は茶道文化と関わりあいが深いのか、当時の天下人(信長・ 

 秀吉)が茶道文化と共に重用したので、部下の武将達も集まって

 来たのか、戦国大名ゆかりの寺院が集まっていて興味深いお寺で

 す。非公開の寺院が多いです。

 「三玄院」です。ここには石田三成の御墓があるようですが、非公開

 です。DSC02342

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC02343

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

■大徳寺は敷地はめちゃくちゃ広いです。多くの寺院からの集合体で、

 それぞれ有名な武将のお寺なんで面積は大きいです。

 綺麗な道です。竹林もあります。DSC02345

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC02346

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

■「高桐院」です。ここは、細川家の寺院です。細川忠興・ガラシャ夫人

 の御墓があります。珍しく公開されています。ここって、随分前に

 「そうだ、京都いこう!」の紅葉のキャンペーンに使用された紅葉が

 綺麗な庭園が有名です。DSC02352

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC02374

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

■門をくぐってから続く素敵な小道です。ここって紅葉でJR東海ポスター

 になっていました。11月位の紅葉シーズンに来てみたいです。DSC02348

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

kYqNkY6bgUWR5ZO_jpuNgovLiUAgMDc2EJM

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC02373

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC02370

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

■中庭も本当に綺麗です。紅葉で有名なんですが、何故かこの季節でも

 紅葉が赤くなっています。何故?この夏は寒暖の差が激しいからで

 しょうか?DSC02360

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

■屋敷の中には千利休が作った茶室が移築されていました。

 渋いです。黄金の茶室の秀吉と利休が対立したのも何となく、

 分かる様な感じDSC02365

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC02359

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

■庭に出て奥まで歩いて行くと、忠興とガラシャの御墓がありました。

 情熱的な御夫婦の生き方だったので、御墓もお二人です。DSC02354

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

■細川家歴代の御墓もありました。DSC02358

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

■そして、中々見つかりませんでしたが、信長の「総見院」を見つけまし

 た。しかし、非公開です。DSC02375

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

■信長墓所。しかし、阿弥陀寺にもある上人が本能寺から遺骨を持ち帰

 ったと言う墓所ありますし、本能寺にも。本能寺で行方知れずなんで

 しょうがないのですね

 戦国時代のスーパースターですから。黄梅院は信長建立です。

 蒲生氏郷の御墓あります。DSC02379

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

■芳春院です。ここ前田利家の寺院です。御墓ありますが・・・

 ここも未公開です(泣)

DSC02389

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

■今回、初めて訪れた「大徳寺」ですが、安土桃山時代の華やかな

 茶道文化と深く関わりのあるお寺で、そのせいで戦国大名のゆかりが

 多いのだと思います。次回は11月の紅葉の季節に美しい細川家の

 「高桐院」を尋ねながら、もっと研究して再度訪れたい戦国大名ファン

 にとってはたまらないお寺だと思いました