■車検前の選択で・・・

 ー屬鮨啓屬妨魎

 ⊆峺,鮗萋

 と、言う2方向で検討をしていました。

 ,砲弔い討蓮100年に1度の『大不況』で断念残念

 △砲弔い討蓮過去のモディファイで車検を通すのが非常に苦難な

  状況で(汗

■しかしながら、車検についてはBMW仲間のblue-mooonさんの助言で

 見事に取得する事ができましたぁ

 そこで、これからも今の車を愛し、大事に乗る為にRefreshmentを

 敢行しました(お金無いのによくやるよ

■この前にBMW専門ショップ『I-supo』さんにお邪魔した時に、一目

 惚れした『end.cc』のリアディフューザーに現行の『3Dカーボンリアディフューザー』

 から交換しました。

 3Dのリアディフューザーは、BMWのお友達に売却して、先週、塗装、装着

 の為にI-spoさんへ車を預けました。

 そして、1週間経過した本日、完成との事で車両を引き取りに行きまし

 た。

■前の『3Dリアディフューザー』BeforeDSC01107

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

■そして、今回、装着した『end.cc』のリアディフューザー

 立体的でとっても品が良く格好良いですDSC01190After

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC01191

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC01194

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

■まぁ、女性に例えれば憧れのブランドの商品を手に入れた様な感じで

 しょうか

 ちょっと、例えが違うかも(汗

■I-spoさんで車を引き取り、迎えに来て貰ったblue-moonさんと共に、

 先週、社長に洗脳されたEATURNINGのエンジンアースを装着に

 テクノオート砂川(TAS)さんに向かいました。DSC01205

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

■お昼頃にTASに到着したのですが、今回は暇な、じゃなく(汗)

 車好きなBMWのお馴染みの皆さんが多数駆け付けていました。

 何と突然TASに訪れたエドさんと、mansaokeiこと直ちゃんは僕が

 到着する前にすでに砂川社長に洗脳をされており、僕が装着する

 EATUNINGのエンジンアースを既に装着済みでした。

■既にリフトに上げられ、装着済みのエド号(汗DSC01195

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

■お二人の装着したのは、高回転でトルクが増加するタイプです。

 僕は中低速域のトルクを厚くしたいので、お二人とは違うタイプを

 装着しました。

 砂川宣教師、自らが装着後に色々な装着を僕の車に施して頂き、

 その度にTASの周りを試走しました。

 まるでPITから出るレーサーがマシンをセッティングするよ様な気分

 でした

■社長自ら実験装着を。DSC01206

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC01207

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

■確かに体感が確実にあります。アクセルコントロールのシステム等は

 一切使用しないノーマル状態で確実にトルクが太くなり、アクセルの

 着きが上昇しています

■そして、これが車体の中の余分に帯電している電気を放出する

 未発売のEATURNINGのパーツ。

 ラジエターアースとの併用で、更に効果がアップとの事です。

 静電気を放出するような感じですかねDSC01200

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

■そして、僕の車に仮装着で試走です

 いやぁ〜〜〜

 更に、トルクが太くなる体感&吹け上がりが早くなりました

 これって、まだ発売していないから、1個しかないんです。。。DSC01208

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

■4月中旬に発売予定の様ですが、お値段もビックリする様な値段では

 無いようです。

 諭吉翁3枚でお釣りがくるそうです。この体感は印象的でヤバヤバ

 です

 しかし、エンジンアースはTASの皆さんが言う様に体感抜群で帰りの

 首都高〜湾岸はメチャ快適でした

■先日、色々エクステリアでのモディをオーダーしていたflying-Vさんの

 パーツも完成し装着されました。

■フォグランプカバーをカーボン加工からボディ同色の白にDSC01198

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

■こだわりですが、ドアミラーのカバー部分もボディ同色にDSC01197

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

■まるで『白馬の王子号』です(爆

 オーナーと、この称号全く似合いませんが・・・DSC01196

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

■しかも、このオーナーのVさんは、既にこのモディファイパーツを発注

 しながら、発表されたALPINAのD3の商談に入っていました。

 100年に1度の大不況の昨今、景気の良い方もいるのです(羨

■また、白い車(アルピンホワイト)の体の大きなお二人(通称:アルピン愚連隊)

 は、お二人揃ってリアディフューザーをカーボン加工装着して、愚連隊の

 結束を固めていました(爆

■blue-moon号。                                

DSC01201

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

■patio号。この2台同じ白いツーリングで殆ど同じ兄弟号です(笑)DSC01210

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

■財布を忘れてきて焦っていたshin1001号(爆)DSC01204                             

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

■しかし、今日はBMWのお仲間が沢山集まり、久々に楽しい1日

 でした

 僕は車検を3月にやっとの思いで取得して、大好きなBMW5シリーズ

 を大事に乗って行くためのモディファイをしました。

 リアディフューザーのリニューアルは大幅に自分の中でリフレッシュ効果が

 絶大です

 だけど、まだアレとアレをしなくては(汗

 今回はエクステリアとアースモディ

 電気、排気はまぁ満足で終わってるので次は絶対に〇〇の強化対策

 をしたいなぁぁ

 でも〜〜〜

 諭吉翁がいらっしゃりません