■翌日は、前から行って見たかった京都御所の『鬼門封じ』と言われて

 いる賀茂神社の下加茂神社に最初に行きました。

 やはり凄く立派な神社で、流石に京都の鬼門を守ってきただけの

 神社です。

 知らなかったのですが、世界遺産なんですねDSC01107

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 正面の鳥居もメチャ大きいです。DSC01094

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 この日も36℃位で、さすが京都超暑かったのですが、大きい神社で

 何と、本堂まで遠いこと 

 汗ビッショリになりました

 石榴を久々に見ました。DSC01099

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 祭られている神様の親戚の祠です。DSC01102

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ご本尊は撮影禁止で撮影は駄目でした

 やはり京都は都です。下加茂神社も中途半端ではありませんでした

■下加茂神社を出てから、南に下り、いよいよ秀吉が太閤になって

 から、栄華を極めた伏見城です。

 ちょっと市内からは離れているので、中々行くチャンスが無く、

 今回は思い切って、行ってみました。DSC01110

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 伏見城は駐車場はガラガラで、僕の車1台だけですDSC01127

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 お城の入り口には入場料の窓口はあるのですが、誰も居ないので

 無料で中に入りました。

 しかし、雑草が生えていたり、植え込みの手入れがされて

 いなかったり、家康に関が原後に廃城にされた様に、なんか、、、

 豊臣の家勢が落ち込んだ様な印象を僕は持ちました。

 しかし、豊臣の城です。天守閣には黒色が配され、

 家康の徳川時代の白壁城とはやはり異なっています。DSC01113

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 このお城も建て直されているのでオリジナルではありません。

 でも、この城の建っていた周辺を秀吉がウロウロと歩いていたと

 思うとやはり感慨深いものがあります。

 門の前で僕の車しか居ないので城をバックに撮影です。

DSC01130

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

■そして最後は、これも一度は来て見たかった『醍醐寺』です。

 ここは秀吉の『醍醐の花見』で有名な桜の名所です。DSC01134

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 また、このお寺は大きいのですが、秀吉が伏見城に来てから

 多大な寄進をして、五重塔の再建、箱庭を自分で設計した事等で

 有名です。庭は撮影禁止でしたDSC01132

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今回、初めて知ったのですが、桃山時代に唐門も寄進しています。

 これは国宝です。DSC01135

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 秀吉が、御車に乗り、お供を連れて伏見城から出てここに花見に

 きたと思うと、『醍醐寺』の800年の歴史の中で、当時の大権力者も

 長い歴史の一コマでしかなかったんだな。

 と、何か寂しい思いがしました。

 400年後に僕が来ている訳で、秀吉の居た時代は既に、

 このお寺は建立400年も経過していた訳ですから。

 しかし、次は桜の季節に来て見たいです。秀吉が感動したと

 思われる枝垂れ桜は今も残っています。DSC01136『枝垂れ桜

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC01137

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

■今回の『京都へパピュ〜ン』旅行は、今までに行きたいけど

 余裕が無くて行けなかった所を訪れたんですが、派手さはないけど

 大好きな『安土桃山』時代の足跡を辿る旅は最高に満足でした