初めて仕事で中国大陸に上陸しました。杭州の空港に上陸し、紹興に行き、にんぽう(漢字書けず)に1日目は宿泊。2日目からは上海に車で行きました。上海までは400Km位で、なんと4時間くらい掛かります。中国はでかいです。また、上海はすご〜〜い活気で、夕方になるとスモッグで街がぼやけるほどです。何か、昔の日本の高度成長時代の様な活気を感じました。またタクシーに街の中で乗ったのですが、絶対に他の車を譲りません。俺が、俺が状態です。信じられない!もし中国人からF1レーサーが出たら絶対に凄いと思いました(そんな事思っていたのは僕だけだと思いますが・・・) で、今回は食事偏です。今1元は16円位です。上海はとにかく食材が豊富で安くご馳走が食べられます。特に鳥は何でも食するらしく、鳥があんまり飛んでいません(ほんまかいな??)街中にはKFCがやたらに一杯あります。最初の日の昼食は紹興酒で有名な紹興の紹興貴酒の工場で、取引先の中国の社長と工場で昼食でした。紹興貴酒はブランド名で、ホテルオークラの桃李境に納めている15年以上の醸造の高級紹興酒です。桃李境ではシェリーグラス1杯でな、なんと2800円です(実際に桃李境で飲みました)それの甕3Lを開けてくれました。食材は、ダチョウの肉、今が旬の上海蟹、そして、チャーハン、青菜炒め、結局、美味しくて食事をしながら3Lの紹興酒全部4人で飲んでしまいました。もうベロベロです。ダチョウは淡白な味でした(次は食さないかな?)上海蟹は味噌を食べながら紹興酒!これがもう最高!痛風の人は足の親指がうずいて堪らない美味しさです。工場の社員食堂でこんな美味な物が出るなんて中国恐るべしの1発目の昼食でした。夕方までヨッパでしたが・・・ あと・・鳩が名物だと聞いて食しました。抵抗ありありで。だって、、鳩って平和の象徴だって聞いて育ってきましたから。。で、一つ食べると凄い香辛料の香りが口の中に漂ってきて、「これって絶対に匂いが強いから香辛料使ってるんだ。。」って思いました。中国人の社長に「どう?」って聞かれて、「超美味しい!」って答えてその後、二度と食しませんでした ■ダチョウ ■上海蟹 ■紹興貴酒■鳩・・・ だちょう上海蟹貴酒はと