多分、今年のトマトは甘くないですもう9年も野菜栽培やっていると(しかもワンパターン品種)分かるんですトマトはアンデスの野菜で、とっても我儘な奴なんですここから先は「あ私トマトに似ている」と、思う人も居ると思うんですが・・・トマトってあまり水をやりすぎると、お水を貰うのが当然と思っちゃうんですよね自分でお水を探そうと努力しなくなるんですアンデスは乾いた高原で、土の深くまで根を伸ばして水を探して子孫をトマトは残そうとするんです。その為に、葉っぱは枯れて元気がないんですが、実はすご〜〜く甘くなるんです。このトマトの習性を利用したのが「永田農法」というトマトの栽培方法なんです。で、今年と言えば・・・5月なのに梅雨みたいな天気ですよねトマトは水一杯貰ってそれこそ努力を怠っています。実際にどうなるかと言うと、やたらに成長が早く葉が生い茂り背を高くします。何年か前もこんな天気があって、実は一杯なるのだけど甘くない歳がありました。去年は逆でした。雨が少なくトマトはとっても甘かったんです。僕の栽培トマトだけかと思ったら、市販のトマトも甘かった覚えがありがっかりしました。「今年のトマトは甘くない」って断言しますもし、市販で甘い場合はハウス栽培なんであしからず ◇もし、トマト栽培してる人がいたら、添付写真の実がつく栄養剤効き目ありますよ騙されたと思って、使ってみてください。園芸店に売ってます。マジに、実の着き方が違いますよん ■1ヶ月で生い茂るトマト達(今回の写真ボケボケです)  ◇イタトマ ◇トマト花  とまと花トマト花イタトマ栄養剤