☆大人の遊びツール☆ 楽しく生きよう!

人生そう長くは生きられません。この歳になると自分のエゴは治りません! 曲がりません!来るものはWellcome!去るものはSay Goodbye!我慢なんて決してしません! 最近は自分の生活が固まってきました。好きな事への追及は好奇心強くて止まりません!この歳になったら、やっぱり楽しく生きよう!人生なんて一期一会別れがあって、出会いがあります!無理して過去なんて振り返りません!

June 2007

☆有機野菜栽培07:収穫始まる!☆2

きゅうりきぬさや ついにトマトが完熟になり収穫しました。今年は去年と違い、5月の雨が少なかった事から、やはり予想通りトマトは超甘いですここまで甘いトマトはここ数年では珍しいと思いました。多分、今年は茄子、トマト、キュウリが豊作で市場に出回る夏野菜は値段も安価で流通すると思われます。キヌサヤは、もう最後なので出来すぎていて表面の艶がなく、子孫を残すモードで種が大きくなっていました。昨日は、キヌサヤを全部抜きお礼を言って処分しました。キヌサヤの後はインゲンがツルを伸ばし始めています。茄子も今年は好調でなるのが早く、既に10本以上を収穫しています。雨が少ないとやはり日照時間が長く、夏野菜の生育は早い。従って今年の栽培は短いような気がします。トマトの写真の下のほうはイタトマです。イタトマも全部で4個収穫されたので数が揃ったら、いよいよ、自家製パスタソースを造り夏野菜パスタを造ります。勿論、獅子唐も自家製です。ニンニクは弟の畑で栽培された物を使います。パスタを手造りにすれば完全なオリジナルパスタになるのですけどね■お袋が花に水をやっている時にベアーブリックを拾ってきました。可愛そうに足が無く、胴体、頭、手のみです。これって僕のではありません。明らかに友人に上げたものです。何でこんな所にあるのだろうと、一瞬考えましたが、そんな事はどうでも良いので「Well Comeback」という感じで、僕の鞄に着けてあげました。そういえば「ねずみ男」のフィギュアはどうしているんだろう可愛そうな目に遭っていなければ良いけど…■トマト ■茄子 ■ピーマン ■可愛そうな熊フィギュア。 とまとなすぴーまん夢の熊

☆BMW5:Inside Ignite REV装着!☆5

BITTEBITTEひき 前々から、どうしても生活域での低・中速トルクをさらにアップしたいと思っていました。ハイパー・スプリント・ブースターは確かにアクセルレスポンスに対して敏感に反応し強烈なんですが、どうしても低・中速域で踏み込み過ぎると、ピーキーに反応してしまい直ぐにキックダウンをしてしまいます。やはりHSBは低・中速域でのトルクアップとは無関係です。で、最初はS横浜でプラズマダイレクトを装着しようと考えていたのですが、ちょっとお高い。のと、新しくREVが改良された。のと、もう一つ新しくなったVSD Alpha 16Vを装着してみようと思いました。二つがあいまって電力を高くして完全燃焼を促進させ、低・中速域のトルクのアップを狙っている。そうです。しかし、いつもお世話になっているS横浜さんは扱っていないので、5NETのmorimoriさんにBITTE Mortor Worksを紹介してもらう事にしました。BITTEもBMW乗りにとっては有名なお店で浦安の先、新浜にあります。僕は前々から知ってはいたのですが、初めての来店です。残念ながらVSD 16Vは在庫が無く早ければ次週の土曜日に入庫するそうです。で、Inside Ignite REVだけを装着しました。話によればこれだけでも充分トルクアップはするそうです。■morimoriさんはお土産に千葉のとうもろこしを持ってきてくれ、これが何とも甘くて本当に美味しかったです。morimori号のフロントリップを補修して、ボディ同色、フォグランプのステイも同色です。何かフロントが締まって男っぽい車になっていました。格好良い■最近E61からE91に乗り換えられたTAKEさんも偶然に来店していて、前のE61同様、ワンポイントに赤を使われていて、これからモディファイ本格化っていう感じです。次にお会いする時はマフラーはノーマルから変っているでしょう■で、肝心のInside Ignite REVの装着後の感想ですが、やはり低・中速のトルクが明らかに太くなっており、何か排気量が増した感じです。段々、理想とする走りに近づいてきました。多分、来週はVSD Alpha 16V装着ですでも燃焼系が改善されるとイリジウムプラグの交換もしたいな・・・次から次へとモディファイ・ウィルス…まじヤバイ■装着写真 ■morimori号第2章:フロント REV引きREVUPREV写真morimori号

☆伝説のロッカーの新居☆5

入り口車前仲の山荘馬                                        ■伝説のロックバンド「アナーキー」(知っている人は知っている。知らない人は全くしらない…特に若い人。僕は「HarderTheyCome」という曲が一番好き)のリーダーでボーカルの仲野茂が何と結婚しましたぁ(あまり深くは聞かないように…)新居は何と上九一色村です。昔からの仲間と奥さんの顔を見に週末にバーベキューをしに泊まりにいきました。■メンバーは、週刊・月刊○○ィボーイの元編集長と奥様と4番目のおこちゃま。元編集長は一番上の娘さんは、ご結婚して子供が居るので既におじいちゃん。にも関わらず、20年前も、今の4番目のお嬢さんの様な年頃の長女を連れていた。何か、人生ず〜〜〜っと子供を育てている感じです奥様は超ラテン系のリカさん。で変化なし昔、ジャンプの原田雅彦の本を出し、最近水泳の北島の本を上梓したスポーツライターの「オッリー」彼はあまりにも自由な人生を送ってX1で、大黒麻季も、その自由さにあきれ返り歌にもしてしまった人です。後は共通の古くからの女性友達。この人アウトドアーは全く似合わない方です有名なジャーナリストのNさんは前の晩に食べた物があたってドタキャン。芸能界の叔母様は打ち合わせ後に来る筈だったのですが、長引き来れず■僕は懲りずに前の晩、またまたシェリーバーで飲んでしまい、シャワーもお風呂も入らずに早朝に家を出発したので、富士山の麓にあるお気に入りの「御胎内温泉」に入ってから行く事に決定しました。この日は梅雨明けの様な良い天気で、富士山が丸見えです。この温泉は、富士の裾野にあり露天風呂から富士山を眺めながら入れます。もう最高でした。■で、そこから茂の家までは最新HDDナビの出番です。ところがどうでしょう。茂の奥さんのナッチから聞いたアドレスではナビが誘導できません仕方がないので僕の動物的な勘を頼りに向いましたが、全く分からなくなり最後は携帯電話で誘導してもらいました。そして茂の家の近くまで行った時に気付きましたそうだ…上九一色村って無くなったんだ新聞に出ていました。ナッチから教えて貰った住所には上九のかの字もありません。僕のナビは、つい最近の出来事なのでソフトがそのままだったのです。ナビが機能しないと全く目的地に行けない自分を再確認しました。。。■そして茂の家はDrビレッジという別荘地帯の中にありました。恐らく数ある別荘の中でも自宅にしているのは茂だけでしょう圧倒的な緑の中にあり、森林浴なんていう簡単なものではありません。滅茶苦茶気持ちが良くすがすがしい所です。芸能界の叔母様から聞いてはいたのですが、想像以上でした(ヘビ出ないと良いな…なんて)入り口事務所で場所を聞いたのですが、別荘地内でまたまた迷いました。。■それから乗馬のできる牧場に案内して貰いました。馬の鼻の所を触ったのは初めてです(超感動)競馬場以外、馬は近くでは見た事はありませんでした。この牧場は元オウムの第5サティアンの近くです。第5と言えば、朝原さんが隠れていた所です■夕方5時位からいよいよバーベキューの仕込を始め、ビールをガンガン飲んでいました。ここは標高1000メートル位あり、下界よりは涼しい感じはします。6時半位から肉を焼き始め、既にワインに移行しています。暫くは肉を焼きながら身内の仲間だけで楽しんでいましたが、その内に地元の人達も差し入れを持って訪ねて来てくれます。中でも、タラの芽の天ぷらと蓬の天ぷらは超美味しかったです。皆さんがいらっしゃる前に6本あったワインは既に4本も空いてしまったのですが、何と地元の一升瓶のワインを差し入れてくれた方がいらっしゃいました。皆ホッと胸をなでおろしました。お店やコンビニ等はなく、簡単には買いに行けないのです結局、最後はありとあらゆるお酒は飲み干してしまいました。夜は寒く、フリースとアディダスのジャンパーで丁度良い感じでした。■しかし…話の話題は、茂に何であんな良いお嫁さんがきたんだろうと、いう事です。ちょっと松たかこをスリムな感じにしたお嫁さん「ナッチ」はとっても気が付く、前評判より更に良い子でした■結局夜中の1時半位まで盛り上がり、茂の自宅で雑魚寝です。朝は女性の悲鳴から皆が起床しました。気持ち良く寝ていると「キャービックリ」という叫び声でみなさん起床なんでも、彼女は目が覚めたら隣に男性が寝ていて、酔っ払って見知らぬ男性と一夜を共にしっちゃった。と、錯覚したようです…。で、みなさん起床しました。■ここは大自然の中、本当に素朴で良い所でした。茂も随分と土地と人に馴染んでおり、庭先にはタラの芽や山椒を植えたり大自然を壊さず共生しています。やっぱり僕も移住だな。都会は殺伐としていてやっぱり住む所じゃないな。と、再確認しました。また、絶対に遊びに行く茂、よろしくね ■準備 ■茂・ナッチ ■働く茂 ■食材 準備1茂なっち茂アップ食材

☆六本木・大北:20周年の素敵な人☆5

昔からお世話になっているお店の20周年のパーティが先週ありました。僕はこのお店の5周年パーティの司会をやっているので、時が経つのは早いものです。ここのママの穏やかで優しい人柄がお店を20年も存続させたのでしょう!いやこれからもず〜〜っと。「大北」というこのお店は六本木の7丁目にあります。■僕は麻布生まれなのでこの界隈には結構若い頃からウロウロしていました。昔の六本木は、「ガキは来るな」って言う街で、高校、大学、社会人の若かりし頃等、とても近寄りがたい街でした。でも最近は交差点を中心に、パチンコ屋さんができたり、ゲーセンが出来たり、チェーン店が出店したり、新宿の様な街になってきたような気がします。それにミッドタウンの様な物までできてしまい、他の街と同じ様な感じになってきました。その中で7丁目は未だに入り難い昔ながらの六本木を残しています。一度知り合いと入ってしまえば2回目からは何の事は無いのですが、住宅街の中にポッン、ポッンと店が点在し、一元では中々入るのは勇気が必要です。僕はこんな本来の六本木の雰囲気を残している7丁目が好きで、幾つか馴染みの店があります。ま、女の子に「バカの一つ憶え」とも言われますが、嫌な人は連れて行かない。簡単な事です。■この「大北」も小さい小料理屋で、知り合いが居ないと中々入れないお店ではあります。中に入れば優しい笑顔のママがいて、何回も足を運ぶようになれる気軽なお店なんですけどね。■なんとパーティ会場には100人以上のお客さんが来ていました。僕は最近月に1度か2度しかお店に行っていないので、最近常連の人達がパーティの運営をしているようです。昔ながらの知り合いと一緒に行ったのですが、人見知りをするので嫌だな。と、思っていました。しかし時間が経過するうちに20年来の友人が続々と来ました。芸能界のおばさん。週間○○○ボーイの元編集長。一世を風靡したロックンローラー。深夜番組にコーナーを持っていたジャーナリストさん。古くからの女友達。ここ20年間の僕の財産です。暫くぶりに会った人でも全然違和感はありません。その場でロックンローラーの上九一色村の家に来週行く事も決定しました。この20年間色々な人と知り合いましたが、やはり事象的に1年間位お付き合いして、消えていく人は縁が無く、僕の人生には関係の無い人達なんでしょうね。男性でも女性でも。な〜〜んて事が今回のパーティで良く分かりました。ママは感動して涙を浮かべ歌を3曲歌っていました。ママの優しい人柄の良く出ていたパーティだったと思います。でも、パーティが学芸会の様で現在の常連さんが楽しんでいる様にしか見えなかったのは僕だけでしょうか?25周年は僕がプロデューサーをやり、20年ぶりに司会をやろうと決心しました。その後、懐かしい友人達と飲みまくり、家に帰ったのは先週に引き続き、夜は空け、普通の昼間でした。 友達、付き合う人。って何か?が、良く分かるパーティでした。関係の無い人って去っていくもんです。洋服に付いた染みみたいなものですね ■パーティ会場■20周年の素敵な人。 201202203204

☆Dejavu☆1

■親しい出版プロデューサーの友人が、麻布十番にいるから久々にご飯を食べようという誘いがあり、仕事を放棄して麻布十番へ向かった。僕は仕事柄、電波出身なのだがどうも出版系、物書き系、編集者系の友人が数多い。別に意識をしている訳ではないのだが、時々通ぶった発言にムッとしたりもする。僕は麻布十番に向う道すがらの食イメージは、登龍で前菜のクラゲを食べながら涼しげにビールを飲む。というものだった。■麻布十番で友人と落ち合うと「今日は美味しい鉄板焼き屋さんを予約してある」と言う。まさか・・と、一瞬躊躇したが、そのまさかであった。断る理由も無く、本当に美味しい鉄板焼き屋なのだ。ま、いっか!と、軽く考え信号を渡りお店に向った。そして案内された席はカウンターの左端のひとつ手前の席。なんと1年前のあの席と同じだ。。何故、そんな良い店に僕は抵抗感を感じているのだろう。そうなのだ。約1年前にこの店から先月5月の苦しい事態が発生したのだった。トラウマか?■しかも1年前と同じ席だった・・横隔膜が胃を通り抜けて腸まで下がってきた。食欲も無くなる・・妙にビールで腹が膨れる。言葉も少なくなってきた。Dejavuが心の中で首を擡げて来ているのがあからさまに分かった。そうだDejavuなら乗ってやろうじゃないか!と、ふと思った。1年前と同じ行動をこっちが主導権をとってやろうと。そんな決心をした途端、食欲が沸いて来た。食べ遅れている感じがした。やっぱりここの鉄板焼きは相当に美味しい。僕は元々粉物が嫌いなのだ。でもここの鉄板焼きは素材物が多く本当に美味しい。■Dejavuを主導しようと考えた僕は、2時間位した所で、友人を近くのBarに誘った。そうだ。あの晩に行ったBarだ。これでDejavuはこっちのものだ。1年前に座ったRの付いたカウンター席にも座る事ができた。僕は1年前と同じ場所に座る。なるべく同じ物を注文した。そうとも知らない友人はリラックスしながらジンを飲んでいる。ここはドリンクはDejavuではなかった。あくまでシチュエーションだけだった。そりゃそうだ。相手が違う■友人とシコタマ飲んで良い気分になりすぎた。もうとっくに日付は変っていた。酩酊状態で僕と友人は麻布十番を徘徊していた。帰るのはタクシーしかない。「君の家、何処だっけ?」「千葉」「千葉の何処?」「新○○」「嘘!」「嘘付いてどうするの?」Dejyavuの主導権は僕には無かった・・・・ kaneisi

☆BMW5:LITZ PURE POINT☆5

昨日は、BMW5.NETの仲間のLet's5555さんと仕事の打ち合わせ後にLet'sさんといつも素敵な奥様と、麹町のCafeで軽くをしました。ご夫婦は時々いらしているCafeらしいのですが、食べ物と雰囲気が凄く良くて最高でした。ただ僕はその後、六本木で会食があったので泣く泣くその場を後にしました。とっても残念でした。その後飲み過ぎ&寝不足で現在最悪です。今度は是非ユックリ。と、僕は勝手に思っています。その中でLet'sさんから「hydeさん!RITZ PURE POINT買ったでしょう!あれって怪しいチューニングパーツですよね。SEVもそうだけど何で車の走りが良くなるのか、説明書にも書いてないし」と言われました。そこで僕は「でも本当は皆さん気になっているんですよね〜!何故、車に良いか分からないから手をだせないんですよね。で、僕がモルモットになってるんですよ」って説明しました。確かにLet'sさんの言う通りで、その手のパーツは何が根拠で「快適走行」「音響の音が良くなる」「トルクアップ」等等、言えるのか全く不明です。装着は簡単ドアポケットの所に差し込んで、エンジンのある方へにPURE POINTの矢印の方向を合わせる。と、言うものです。早速、スーパーオートバックスみなとみらい店の駐車場で装着しました。勿論、期待は殆どしていません。遊びです(の割には1万円以上)で、駐車場を出て加速すると・・えと思うほどのスムースなエンジン回転の上昇です。まさかと思いました。で、次の交差点でもやや多めにアクセルを踏んでやると。やはり、確かにスムーズにエンジンの回転が上昇するじゃないですかちょっとビックリしました。それにHSBはアクセルの踏み方に対して、かなりピーキーな感じがあるのですが、それもスムーズに感じられます。マジかよって言う感じです(*体感に関しては使用者の個人的な感想です←テレビ通販と同じく捉えてくださいね)で、改めて説明書を読んでみると「感性工学」に基づいた「超体感性能」って書いてあります。まず「感性工学」って一体なんや?そんな工学聞いた事あれへん!文系と理科系が合わさったような言葉です。でも、「超体感性能」って言うからには相当に体感しなくちゃならない訳です。多分、錯覚だとは思いますが、僕は何となくフィールが変ったと感じました。ま、その内慣れるでしょうがこの商品の広告文句が、JAROとかに告発されて不当表示か何かで罰せられた時、商品の真贋が問われるのでしょうね。トホホなお、07年有機栽培。キヌサヤ、ピーマン、キュウリの収穫写真貼り付けました(この話と全く関係ないですが・・) ■RITZ PURE POINT ■キヌサヤ他収穫 PM1PM2PM3収穫

☆シェリー☆5

べね 先週の週末に親しい友人と中目黒で食事をしてから「シェリー・バー」に行きました。最近、僕はワインよりもシェリーがとっても美味しくて、段々嵌ってきています。そのバーは凄い種類のシェリーが置いてあって、オーダーする時は「白でよく冷えてるドライ」とか「甘い白の」とか「茶色でドライで冷えている」とか、って良く分からないのでそんな言い方しかできません。しかし、それらのシェリーは凄く美味しくてさっぱりと飲めます。おつまみは焼いた羊のチーズとか生ハムとか、それはシェリーと合い、天国にも昇る心地です。しかし、もう何回も来ているのに、相変わらず何も知らないので、ちょっとNETで探してシェリーをまとめてみました。■シェリーはスペインの南、アンダルシア地方の南西に位置する「ヘレス」という町とその周辺のみで作られた物以外は「シェリー」と呼んではならない。「ヘレス」ってF1のスペイングランプリをやる所じゃないですかそう言えば、モータージャーナリストの今宮純さんがスペインはワインが最高って言ってたのを思い出しました。またヘレス周辺の物しかシェリーと言えないのは、シャンパーニュ地方以外の物はシャンパンと言えない。と、同じですね。■そしてアルコール度数を高めた「酒精強化ワイン」なんですね。白ワインの1種だったのです。しかしながら、たくさん飲むと脚がフラフラになるのは強いんですね。■そして代表的なタイプは4種類「フィノ」:最も普通のシェリー。辛口で食前酒に最適ですが食中も良いそうです「マンサニージャ」:サンルーカル・デ・バラメダ」という町でしか造られないフィノタイプのシェリー。軽さとキリッとした風味。■「アモンティリャード」:色は褐色。アルコール度数は高め。■「オロロソ」:発酵の過程で酵母が発生しなかった、あるいは意図的に付けなかった物で腐敗防止の為にアルコール度数が高い。う〜〜ん先週は酔ってから随分、褐色タイプのんだから、結構、足フラフラでした。って今初めて知りました。また、女性をシェリー・バーに誘ってOKという時はその晩はOKという事らしいです。これを読んでいる知り合いの女性の皆さん、忘れないでねこれ結局、シェリーバーに5時間は居たでしょうか店を出た時は、既に明るくなっていました。さすがに夏ですねぇ〜完全な昼間になっていました。しかし、シェリーは僕の好奇心を凄くそそります。もっと研究をしようと思っています。詳しい方、いらっしゃったら、色々ご教授してくださいね ■フィノ ■オロロソ フィのおろろそ
記事検索
クリックお願いm(__)m
クリックお願いですm(__)m
blogramによるブログ分析
Archives
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

livedoor 天気
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
ギャラリー
  • ☆2017年も「ガレージ上夏野菜有機栽培』やってます☆
  • ☆2017年も「ガレージ上夏野菜有機栽培』やってます☆
  • ☆2017年も「ガレージ上夏野菜有機栽培』やってます☆
  • ☆2017年も「ガレージ上夏野菜有機栽培』やってます☆
  • ☆2017年も「ガレージ上夏野菜有機栽培』やってます☆
  • ☆2017年も「ガレージ上夏野菜有機栽培』やってます☆
楽天市場
       ☆お勧め!☆
Report
OnSQUARE
  • ライブドアブログ