☆大人の遊びツール☆ 楽しく生きよう!

人生そう長くは生きられません。この歳になると自分のエゴは治りません! 曲がりません!来るものはWellcome!去るものはSay Goodbye!我慢なんて決してしません! 最近は自分の生活が固まってきました。好きな事への追及は好奇心強くて止まりません!この歳になったら、やっぱり楽しく生きよう!人生なんて一期一会別れがあって、出会いがあります!無理して過去なんて振り返りません!

May 2007

☆BMW:af-impみなとみらい撮影会☆5

AF○ 先週の日曜日は5NETの皆さんが関西へ行ってしまったので、外車のモディファイ専門雑誌のaf-impの撮影会があったので、みなとみらいまで見学に行きました。今回は僕の行った事のないチューニングショップ主催であった為、僕はエントリーはできずただの見学です。E90を中心に30台はBMWが揃っていました。そう!オフミにありがちなBMW中古車展示場です。晴天に恵まれて各車は洗車してあり、大変綺麗でした。5はあまり多くなかったんですが、5NETのステッカーを貼っている方がいらっしゃいました。僕は得意の人見知りで話かける事はできず情けないばかりでした。共通の知り合いがいたら違う展開になっていたでしょう。僕は親しい友人と長電話をしていた為、あまり馴染む事もできずいそいそと帰ったのでしたつまらない話でした AF1AF2AF3AF4

☆07年:有機栽培野菜:初収穫近し!☆5

野菜野菜2 ここの所の気温の上昇は、知らぬ間に野菜達を成長させています。1週間に1度しか手入れを出来ないのですが、1週間振りに訪れると驚きの連続です。この前にキヌサヤの花が咲いていたのを見かけましたが、キヌサヤは花で楽しめて、種も食べられて2度美味しい!等と思っていたんですが、何と!もう、しっかりとキヌサヤになっているじゃないですかまた、キュウリも葉に隠れて分からなかったんですが、あと1週間もすると「モロキュー」に出来そうなほど大きくなっていました。最もキュウリはこの1本だけですが。と、同じ様に獅子唐、ピーマンもあっと言う間に成長していました。最初にできた作物は、なるべく早く収穫した方が良いのです。何故かと言えば、結局作物は繁殖で自分達の存続を図る種ですから、全力で吸収した栄養素を送り込もうとします。つまり、余り収穫しないでいると、初期に実った物は木の寿命を短くしてしまうのです。これから夏を迎え、もっと大量の収穫を得る為には、早めの収穫は必須なんですね。精神的に弱っている時、作物は確実に生長し前進してくれます。人の心にとって勇気づけられます野菜3野菜4野菜6

☆倖田來未:Second Session DVD☆5

「倖田來未Second Session DVD」買いました随分前に、WOWOWを見ていたら倖田來未LIVEをやっていました。当時は「エロ可愛い」位しか知らなかったので、暇つぶしに見てみよう。位の気持ちでした。ところがです見ている内にビックリしました。凄いんです。LIVE。そこら辺のアイドル系とは全然違うんです。アムロちゃんやAYUと比べても(両者のLIVEは見たことあるんですが)。それからです。周りの老若男女を問わず侮蔑されながら倖田來未を支持してきました勿論、CD・DVDは殆ど買いました。全てのジャンルの曲で素晴らしいとも素直に感じました。そしてこのSecond Sessionが発売されると聞いて、早速CDショップに行ったのですが、「甘い!」売り切れです。色々な店を回ったんですが、全然、在庫しているところは無く、やっと購入する事ができました。そしてDVDをワクワクしながら見ました。何が凄いって■圧倒的な声量に裏付けされたボーカル力■国内では恐らく彼女にはかなわないであろうダンスパーフォーマンス■綺麗に違和感なく入っていくファルセット■バラード最後のJAZZYなファルセットを自在に駆使したエンディング・アドリブ■気取らない、格好付けない人柄■女性のファンが多く「くぅちゃ〜〜ん」と言う掛け声は、昔のアイドルと異なり男の野太い掛け声ではない■同姓に支持されるアーティストは良いエンターティナーになれる。等等、、正にスーパースターです。僕の思うスーパーエンターティナーは、「神に選ばれし民」でなくてはならない。この選ばれし人は、天性人を喜ばせ、楽しくさせ、興奮させる。重責を背負っていると思う。SM○Pは、一人の「神に選ばれし民」の周りを普通の人が回っているだけであり、スポーツではHIDE、野球ではDice−K、SAS桑田、F1セナ、最近ではシューマッハーとかとか・・・人を感動させひきつけると思います。彼女も、選ばれているのではないか?と。 ■僕の一番好きな倖田來未のバラード:「YOU」■ 作詞:倖田來未■ 白い息が、冬を告げる。 君の街には、もう雪が降ってる。 遠く遠く感じるのは、 距離なんかじゃなく、 心が思う。 二人の願いは、 いつからかずっと、 私だけのものになり それでも一緒に  いたいのは、きっと 弱さなんかじゃないよね。 君と見るこの景色が、 あるならば、何もいらない。 君がいない、この景色は 冬の中で止まった景色。 あんなにもそう、あの時には ここにしか幸せないと思った。 人は誰でも愛した人を、 忘れて、又他の人を愛せるの? もともとあわない二人が、 ひとつになってたけど、 お互い歩み寄る些細な努力を、 それが出来なかったんだね。 逢いたいよ、逢いたい君に、 これからも、忘れられない。 この雪と共に散った、 儚い思いを胸に抱いて。kouda2kouda3kouda3 secret 〜FIRST CLASS LIMITED LIVE〜/倖田來未 倖田來未/you
倖田來未/you

☆愛しい奴☆5

随分前に友人が良い寿司屋さんがあるというので、浦安の寿司屋さんに行きました。その名も「秀寿司」僕のお店の様な名前でした。友人もその秀寿司の場所が直ぐに分からず、住宅街をちょっと彷徨って歩いていました。と、その時に何となく視線を感じました。友人も同時に感じていたようです。視線の先を追っていくとその先には、何と!真っ黒いレドリバーが居るじゃありませんか僕はゴールデンの友達は2匹居るのですが(将来ブログで紹介しますが)レドリバー系は本当に優しく、人好き、感情が顔にでやすい、犬種で、機嫌が悪いと本当に塞込んで名前を呼んでも決して笑ってはくれません。六本木のケンネルで見たゴールデンの子犬は、塞ぎ込んだまま、犬入れの角に顔を埋めて寝ていました。何せ人間好きですから、番犬には全く向いていません!なんて言うことを僕は熟知しているので、その黒いレドリバーを抱きしめました。そうしたら嬉しそうに尻尾を振って良く気が付いてくれましたねと言う表情をしていました。何て可愛い奴なんだろうこの子は玄関に繋がれていたのですが、家は真っ暗で人の気配の無いところを見ると、寂しくて。寂しくて。悩んでいたに違いありません。そして「秀寿司」に行く為に彼とは別れたのですが、背中にず〜〜っと彼の視線を感じて。。こちらも後髪を引かれて。。顔を見ると悲しそうな顔をしていました。(正に田舎に泊まろう状態でした)そして「秀寿司」は最高のネタで、最低の値段で、素晴らしいお寿司屋さんでした。まさにオーバーバリューのお店です(値段に比べて出される食べ物が上回っている。サービスバリューも含めて)そして、友人はそれ以降、浦安のその家のあった周辺で二度と彼と再会できる事はなかったそうです。暗かったし場所も定かではなかったから。しかし、今週です。友人はやっとの事で彼と再会を果たしたのです。早速、僕に写真を送ってきてくれました。やはり彼は素敵なレドリバーでした。見てください写真こんなに犬相の良い犬はそうはいませんよ超可愛いでしょう ■名前分からず。ブラックのレドリバー。 いぬいぬ2

☆下町☆5

前から知り合いの友人が下町に住んでいた事は知っていたんですが、僕にとっては下町はあまり馴染みが無いので、改めて遊びに行きました。御徒町の山手線の外側の街でした。下町って言うと僕のイメージは、喋り方が山の手のメロディに対して、下町はリズムって言う感じです。しかし僕の友人は、どっちかというとリズムではなくメロディで話をするタイプです。街は狭くて通りは小奇麗に整備されていて、昔からの下町文化を感じるような情緒を感じました。何でも来月は「鳥越祭り」というのがあり、今、この界隈はそれで盛り上がっているそうです。そういえば、さっきもハッピを着た人達が、なにやら街を点検しながら歩いていました。何でもお神輿の通るコースを何回も当日まで検分するそうです。何か楽しそうです。でも、山の手生まれの僕は、余りお祭りには馴染みは無く、何かご近所だけで盛り上がっている内輪の集まりに感じ疎外感が大きい印象でした。現に友人に「外物と子供が祭りを楽しむ方法」と、言うマニュアルの様な文章を見せられ「やっぱりね」と感じました。でも下町のお祭りへの情熱は凄いですね。1年間をそこを目標としているような。生きがいって何歳になっても大事ですもんねいつもは山の手の様なメロディアスな喋り方をする友人も、いつの間にかリズム中心のベランメェ調になっていました ■街の「鳥越祭りのポスター」■街の下町情緒■人間ばかり盛り上がって、盛り下がっているゴールデン。 下町1下町2下町3

☆街☆5

街1 ■親しかった友人が住んでいた街が、僕にとって結構お気に入りだった。会社が東京駅にある時は気軽に遊びに行けたが、汐留方面に会社が移ってからは遥か遠くに感じていた。そこで時間があったので車で出かけてみた。横浜から約40キロ。気軽に行く箱根や熱海の約半分の距離だ。その街は東京駅から20数分で電車で行ける意外と便利な街だった。よく友人の家のベランダでギネスを飲みながらボーッと空を見ていると、羽田、成田に向かう、両空港に行き来する飛行機が途切れる事無く飛んでいて、乗り物好きの僕にとっては飽きが来なく、このまま空を見つめていれば、絶対にUFOが見られると思ったものだ。■この街は新しい街だ。綺麗に計算されて区画整理がされていて、街全体が芝生や緑でデザインされている。道路も拡く車好きの僕にとっては、とってもComfortableな街だ。また、港北ニュータウンと並んで、団塊ジュニアが住む街としても有名なエリアで、駅前のCafeでコーヒーを飲んでいると、30代中間の夫婦が小さい子供連れで歩いているのを頻繁に見受ける。一見、幸せそうに見える。そして、この街には、小学校〜大学、日帰り温泉施設、海浜公園、と住民が楽しめる環境が整っている。僕のこの街の印象は、ゆっくりと時間が流れて、住民が生活を楽しんでいる様な感じが好きだった。けれども、まだ醸成地は沢山あり、現実にマンションもどんどん建設されている。こんな環境の良い、東京から近い便利なエリアを大手デベロッパーが見逃しておく訳が無い。醸成地には草が生い茂り、それが緑の多い地域を更に演出している。今のこの街の状況がベストの様な感じがした。居心地が良いのである。■そんな事を考えながら、マンションが立ち並んで、他の何処のエリアでも見られる様なマンション林の街にならなきゃ良いなぁ〜!色褪せるのは嫌だ。僕の好きな街でいてくれ!と、思った時に、晴れていた空が俄にかき曇り、雷の音がしだした。そしてワイパーが千切れるんじゃないかと思うほどの大雨が降ってきた。まるで街が僕に「出て行け!お前なんかにもう関係ない!余計な心配は無用だ!立ち去れ!」と排除をしているが如くに感じた。なんか孤独感からか、とっても寂しい感じがした。 僕は悔しいので、普段は絶対にしない事をした。タバコを吸って、道路に捨てて踏んだ。このタバコのフィルター繊維は少なくとも向こう10年は分解されずに残るだろう。街へのマーキングのつもりだった。僕はその街を後にした。そして、大雨の中を都内に向かう高速道路に入った。街に後髪を引かれたのか?雨が余りにも激しいからか?ゆっくりと高速を流した。東京に入る大きな河を越えた時、突然、あの激しい雨がやんだ。東京方面を見ると雲間から日差しが差し込んできた。その時、「そういう事か。良く分かった!」実際には独りよがりで、街には相手にされていないのだ。無視されたのだ。虚脱感と虚無感の中で、明確に、街に、排除された事を感じた。と、同時に自分の中で何かが終わった。街なんて他にも一杯ある。僕を受け入れてくれる周りにある新しい街を大事にすれば良いのだ。と、悟った。あの街には二度と行かないだろう。僕は、アクセルを思い切り踏み込んで、かったるい走りをしているサンデードライバーを蹴散らして走った。 ■街 街2街4街8街9

☆怪しげなシール☆1

先日、友人と二人で湯島〜上野周辺を探索している時の事です。友人が「ここ知ってる?怪しいんだ!」って道路沿いのショールームを指差しました。何か健康とか運とかの広告が出ていました。店の中にはお客さんが結構カウンセリングの様な事を受けていました。そして僕は店頭で広告を見た時「あ」っと、思いました。そこには以前見た事があるシールがあるじゃありませんか丸に△これは、大昔、内の会社のCMディレクターが、「おいこれを財布に貼っておけお金が入ってくる不思議なシールだ」って貰ったものだったのです。僕はそれから何年間か財布の内側に貼りっぱなしにしていました。という事からも相当、昔からこの○○○センターは存在していた訳です。なにせそのディレクターはもう定年されています。今から考えてみれば、あのシールを貼っていた時は、結構、財布にはお金入っていました(うん、間違いなく今よりは・・)けど、あの時はバブルで、経費は今より若いのに年間で今より2倍以上使っていたし、ボーナスは今より2倍以上でした。そういえば、当時銀座のクラブのドアの四方にそのシールが貼ってあったのも思い出しました。そうかここだったんだぁ!と、良く見ると店頭に「1人1個」と書いてあるティシュがありました。その中には2枚のサンプルが付いていました。勿論貰いました。そしてチラシを良く見るとそんなに凄いシールなのに、どうも1シート結構一杯付いていて3000円くらいです。以外と良心的?でもこんなので儲かるのかな?きっと何かこれが入り口で中でカウンセリングを受けるうちに鰐が大きな口を明けて来るに違いない!いや、これはあくまで想像ですが中に入っていたのは「健康用シール」でした。説明文を読むと、あらゆる体の悪い所にお貼りください。と書いてありました。僕の場合、物言わぬ肝臓が物を言いそうなので肝臓周辺に1枚。あとは・・・・頭だなって思ったんですが貼る所ないんですよね。髪はまだ充分あるし(自慢)で、頭に貼るのは諦めたしだいです。でも、あの会社は一体なんだろうお客さん結構いたし。長い間続いているし。不思議なシールです。湯島〜上野を探索してみると出てきますよ。湯島はウフフでも利用できますしね ■シールわざとボケさせて撮影してあります。 シール1シール2

☆夏野菜:成長加速!☆5

連休中はゴタゴタしていて畑に行かなかったので、世話をしました。何と何日か前に強風が吹いたせいか?トマトの苗が数本風で折れていましたそこで苗の支え木を全部点検して肥料をやり、雑草を取り、丁寧に世話をしました。ここの所、気温が随分上昇していたので苗の成長が早く、前回に見た時より相当の太さになっていました。今年は、2本のトマトだけ栽培専用の用土を使って成長の差を実験しているのですが、やはりその2本の成長は目を見張る物があります。全部の苗木の支え木をやりなおして、鶏糞を丁寧に追加しました。イタトマの成長は早く、既に実になってきています(写真ボケ)また、ピーマンも小さいながら実をつけています。イタトマは完熟するまで待って、自家製のパスタソースを今年も作る予定です。多分、得意のボロネーゼを作る事になると思います。ご希望の方には出張制作をしますねこれから初夏本番、梅雨がきて一段と成長が加速されるのが楽しみです。多分(毎年の事ですが・・)キュウリが最初に収穫されるでしょう!トマトはここだけで150個は収穫されます。今年はご希望の方に出張納品しますよん ■ピーマン ■きゅうり ■イタトマ(ボケ)■茄子の花 ぴーまんきゅうりいたとまなすはな

☆BMW5:横浜の風景☆2

どうも5月は、毎年、鬼門のようで。例年、連休明けに人間関係で悩みます。去年も出会いと別れ。。。今年も同じようなもんです。気温が上昇し日が強くなる今時分だけにしんどいです。てな訳で、一人になりたくなる時が結構あります。余りにも天気が良いので、横浜みなとみらいまで愛車で出かけてきました。午前中は連休中にほっぽり放しだった畑仕事(報告は次回)をして、午後は野菜の肥料を買いに行くついでに「みなとみらい」へ行ってみました写真の所は入っちゃいけない地区だったんですが、扉が開いていたので入ってしまいました。代表的な「みなとみらい」の風景をバックにを撮影できる場所なんですが、太陽の位置が午後なので逆光になってしまいます。ここで良いカットを撮影するには早朝がベストです。で、なるべく逆光にならない様にギリギリの角度で撮影しました。それでも少しは横浜の感じが出てはいると思います。明るい光でちょっと気分転換にはなりました b1b2b3B4

☆07年:1-5月のKey-words☆

■時々、時間を振り返って「キィワード」を残しておく。過去が永遠の記憶にならない事を知っているから。ある日突然、人は悩みや喜びの過去を「何てくだらなかった」んだと、思う時がある。若い時は未来があるのでそれで良い!けど、僕は記憶を大事に留めておきたいと思っています。読んでも面白くありません。自分の為のものなので。すみません。 ■韓国酒:マッコーリは鬼門■赤坂韓国料理■赤坂プリンス■異次元世界■開放■思い出して■自分で■獣■難民状態の髪から生還■モス犬■二次検査■柄の悪い(不良)BMW■新浦安の小奇麗なだけの蕎麦屋■秀寿司■バーガー券でラーメンを食う■赤坂のバー■如才のない良い人ね■キリンが暴れている■プロシュート■メキシコ人のスペイン料理■黒タンタン麺■うにゃぎ■動画■邪気が漂う上野の山■手抜きの誕生日■最後は飲みました■5ヶ月も無し■ステーキ屋で中華■お着物■六本木謎のフリースペース■桜の下で飯田橋■鬼門の寿司屋■後楽■ふさぎ込んだまま寝ちゃったゴールデン子供■ブラッキー■チェリー■りりぃ■メガネカイマン■ワイパーの仕事■老眼進行■検査行けよ!■リスクから逃げて■デブ■蠡莪譴硫崔伝唖2色■魚屋の上ちらし■レタスの芯残すなよ■我儘の流派の違い■飛行機の見えるベランダで■いんちきな街■浜松町の改札口■ん〜美味しい〜■日本放送協会■ラジオドラマ■母の肉■オンエア■演出■脚本やめる■企業の受付■飛行機おたく■プジョー■東北の温泉■青森■万座プリンスの露天風呂■行きは良い良い帰りは渋滞■大嘘吐き■おかげで人非人■僕の仕事にはへでもない■2,3人知ってるわよひでちゃん■飲むと簡単だって噂■2泊3日宣言■報復■聖橋■湯島■変なシール■今までで一番合う■椅子に垂れた■中目黒■焼肉で餌付け■渋谷のロシア料理■千葉大海の温泉■長野駒ヶ根■中目黒び〜ふ亭■生徒会長■後悔先に立たず■かけがいの無い物■奇跡の再会■かしまし娘■黄色い靴捨てた■変な帽子■すっぴん■月20万円■貧乏フリーランス■2万円■普通は3万位では?■タクシー経費■篠原八幡神社■パートナー??■酔うと○○○○■自分で認めるな■日産の隣■飲まない宣言■杉並■新浦安大雨■拒否■去れ■ う〜ん。。大したキィワードがありません。だから駄目なんです。でも、これらのキィワードを消すようにこれからも頑張る。 abcd

☆安土城:写真集☆5

125 ■山全体が要塞の城のように石垣が山全体に・・・甲賀から信長の下知で移築された総見寺の山門はそのまま焼けないで残り、重要指定文化財になっている。大手門からまっすぐに階段は伸びて行き、途中から右に左に曲がっていく。その両側は石垣が積み上げられそう簡単に敵は天守閣にはたどり着けない造りになっている。山全体が巨大な要塞のように感じられる。天守閣跡まで登って行くだけで大変なのに当時、どのように石を運び上げたのかを考えると、凄い作業であった事が想像される。当然、石の量は半端ではなく、墓石を使ったような物も見受けられる。当時は各大名に石の提供の配分表があったらしく確認は出来なかったが、石に各大名の押印が会ったらしい。 5793

☆超感動!念願の安土城跡☆5

■織田信長本廓  ■天守閣跡 安土1安土2安土3 基本的に一人遊びが好きなのはー分の好きな事ができる他人に煩わされないA瓦銅己責任。逃げられないから自分が成長する。これは昔に女性心理学者の女友達から、僕みたいな下から大学まで一貫教育の人間が陥りやすい、他人への依存症をなくすために「一人遊びをしなさい!」という事で始めましたが、一人遊びがエキサイトし過ぎて中止命令が来ました。ま、それ以来「一人遊び」は得意中の得意です。ま、そんな話はともかく、、奈良から一人解放された僕は大好きな信長の安土城跡に行く事を決めました。関西まであまり来るチャンスもないし、前から信長の歴史を肌で触れて感じてみたいという強い願望があったからです。NAVIを設定してみると、奈良から約100キロ、時間はまだ午後1時位なので、ちょうど走り頃です。そして約1時間半位で琵琶湖畔に到着しました。そして安土城跡に到着しました。まず、驚いたのは、ちゃんと石垣の遺跡が綺麗に発掘されている事でした。最初は、観光の為に後日、造られた石垣だと思っていましたが、説明文を読むと、殆ど足場は補強したけれど、発掘当時のままだそうです。また、何とあの信長様のお城の遺跡なのに昭和16年まで全く発掘は行なわれず、そのままに放置されていたそうです。最初に目に付いたのは大手門にある注意書きでした、色々書いてありましたが、その中で特に「蝮がいますが、自己責任で」という所です。僕は蛇が大嫌いで蝮どころか青大将でも嫌なんです。一瞬、引きましたがこんな所まで来てひるむわけにはいきません。なるべく知らない人の近くを一緒に歩く事にしました。情けない最初に見える大手門の階段は安土山にまっすぐ伸びています。これは信長が天皇を迎える為にまっすぐの階段を造れと下知したとのことです。話には聞いていましたが(調べていましたが)本当に信長の気持ち、気合が伝わってくるような感じがして、僕は最初から興奮気味でした。暫く大手門の階段を上がっていくと、左手に羽柴秀吉の住居跡、右手に前田利家の住居跡があります。この変の有名人の武家屋敷跡にも興奮しますが、すべてまだ確証は出ていません(これも事前に調べていました)その為に両方とも「伝・羽柴秀吉住居跡」等となっています。二人はこの時代本当に仲がよかったとの事ですが、殆ど向かい合わせの屋敷は、できすぎな感じも否めませんでした。そして天守閣跡まで、階段を登り進めて行くのですが、右に左に石垣が確実に残っており、大変な史跡であると僕は思いました。結構、天守閣までは殆ど山登りでかなり体力を消費します。このお城の造成は、丹羽長秀が総奉行として当たったのですが、さぞや、こんな山の上まで石を運んで大変な作業ではなかったかと思いました。権力者の一言は恐ろしいという実感が沸きました。石も墓石等まで集めたようです。山、その全てがお城になっており要塞のようです。これって天守閣まで敵が押し寄せて来るのは殆ど不可能だと思いました。今まで見た色々なお城の中で一番難攻不落なんじゃないでしょうか?本丸の近くには、二の丸があり、そこに織田信長居住跡がありました。この階段のこの辺を信長が400年前くらいに歩いていたかと思うと・・・・感慨です。そのちょっと奥には秀吉が建立した信長公本廓があります。勿論、本能寺で信長の遺体は発見されていませんので、甲冑とか刀とかの遺品が安置されていると言われています。死後、跡継ぎ争いの中でその正当性を示す為に秀吉が直接造ったと言われる物だけに大感激でした。天守閣のあとは柱組みのあとが残っています。この天守閣は地下1階、地上7層の70メーター位あった大変豪奢な物だったようです。残っているのはその地下部分です。天守閣のあった所からは、眼下に国中が見渡せる凄い風景です。恐らく、天守閣の上からの見晴らしはとんでもなく、凄い風景だった事でしょう下山道の途中には総見寺の3重の塔と山門のあとがあります。本堂は焼かれてしまった様ですが、3重の塔と山門は当時のまま残っているのだそうです。これには大感激でした。これは、信長が甲賀から移築して自分が神になるべく造ったお寺です。部下にお参りさせてから、自分に参内する事を許したという話も伝わっています。武将は皆、神になりたがっていました。ある友人のアホな友人(僕は誰だか知らない)が自分のアホを棚上げにして、日光東照宮に行った時「家康は神になろうとしたアホだな」と言ったそうですが、山梨に行けば信玄が神になろうとした武田神社があるし、強大な権力を手中にしていた戦国武将は皆、神になりたがっていたんです。これを言った奴はマスコミに携わる奴だと聞いて、お前がアホなんだ!と言いたいです。日本のジャーナリズムは知ったかぶりの屁理屈こきが多くて駄目ですななんてどうでもいい事ですが。僕は3時間位掛けて下山しましたが、終始興奮していました。ちょっと無理をしましたが、本当に来て良かった一人遊びだから、何人にも遠慮せずに自分が納得するまで、安土城を見ることができたと思っています ■三重の塔  ■山門  ■大手門 安土4安土5安土6

☆車で走り足りなくて奈良へ!☆5

なら1 ■3連休の前半。お袋の親戚が奈良に集合するという事なので、普段欲求不満の車で疾走を実現しようと思いつきました。即ち、奈良までお袋を送っていくという、何と親孝行な偉業でしょう!で、前の晩の金曜日は接待だったんですが、なるべく早く帰り、 朝、5時に出て出発しました。早朝は空気が澄んでいて、いつの季節も良いもんです約450キロを疾走して奈良に着いたんですが、さすがに前の晩、寝ていないので疲れましたぁで、その晩は奈良に一泊する事に。後で分かったんですが、泊まったホテルは猿沢池の近くで、何と今、CMに流れている興福寺の近くだったんです。僕は奈良は初めてなので何も分かりませんでした。そして次の朝の5時半に起き、いよいよ興福寺探検です。CMでは荘厳で厳粛な感じ。しかし、どういでしょう!CMと違うじゃありませんか!本堂は昔の火事で存在せず、現在復元計画の真っ最中との事。コマーシャルってすごいなぁぁ・・と。思いました。CMと同じ角度から興福寺の五重塔を撮影してみました。太陽の位置からして早朝しか撮影できないはずの角度でした。てな訳で猿沢池の無塩うどん(これが超美味しかった)を食し、せっかくこんな所まで来たので一人で念願の織田信長の「安土城跡」に行く事を決心しました。はっきり言って奈良より100倍の感動でした。続きは次回へ ■奈良 なら2なら3ならうどん
記事検索
クリックお願いm(__)m
クリックお願いですm(__)m
blogramによるブログ分析
Archives
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

livedoor 天気
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
ギャラリー
  • ☆BMW:久々の日帰り温泉ツーリング(^O^)☆
  • ☆BMW:久々の日帰り温泉ツーリング(^O^)☆
  • ☆BMW:久々の日帰り温泉ツーリング(^O^)☆
  • ☆BMW:久々の日帰り温泉ツーリング(^O^)☆
  • ☆BMW:久々の日帰り温泉ツーリング(^O^)☆
  • ☆BMW:久々の日帰り温泉ツーリング(^O^)☆
楽天市場
       ☆お勧め!☆
Report
OnSQUARE
  • ライブドアブログ